神仙郷建造物の文化財登録に関するお知らせ

 

 箱根神仙郷の山月庵、日光殿、箱根美術館本館・別館、休憩所の5つの建造物が、このたび文化審議会より国の登録有形文化財に登録するよう答申がされました。

 今回の新たな登録により、神仙郷内の国登録有形文化財(建造物)は「神山荘」(平成13年登録)と合わせて6件となります。


 今夏に文化審議会に意見を具申された箱根町教育委員会の書面では、これらの建物は「名勝神仙郷を構成する重要な要素」であるとともに、「日本文化や建築を知るための茶室山月庵、日本有数の美術作品を公開する箱根美術館本館・別館、日本の伝統芸能や演芸を上演する日光殿など、神仙郷を訪れる人々に広く日本文化をその性格毎に紹介する目的」で建造されていることの評価が記されております。


 神仙郷の詳細はこちらをご参照ください。


 世界救世教としましては、この機会に、内外のより多くの方々に、この神仙郷の価値、魅力を感じとっていただけるよう、今後とも努めてまいりたいと存じます。