重要文化財

「神山荘」 登録有形文化財(建造物)



 神山荘は、昭和10年頃に、戦前に財界で活躍した実業家・藤山雷太氏の箱根別邸として建築されました。その後、世界救世教が譲り受け、背後にある箱根山最高峰の「神山」にちなみ、教祖・明主様は「神山荘」と命名されました。

 神山荘は、木造平屋建てで、傾斜地の地形を巧みに利用して建物が配置されている所に特徴があります。床の間の脇に設けられた洞床風の襖を開けると自然石をそのままくり抜いた石階段や、接客用の「上の間」は敷地の一番高い所に置かれることで、風光明媚な箱根町を一望することができます。玄関左手に数寄屋造りの味わいを感じられる一方、右手に建てられた食堂と応接室はログハウス調の外観で山荘に近いイメージも合わせ持ち、 財界人の別荘建築の遺構を辿る上で貴重な建築物と評価されています。

 教祖・明主様は「神山荘」の取得後、住まいを東京の玉川から箱根に移され、しばらく生活の場とされました。一方で、「上の間」にて信徒と面会されたり、有識者を招いて応接室で懇談をされたり、季刊誌を通して発表される論文の執筆をされています。こうした事蹟から、現在は信徒教化の為の研鑽の場として活用される一方、文化施設として一般にも公開されています。

「東山荘」 登録有形文化財(建造物)



 東山荘は、昭和8年、第一銀行頭取であった石井健吾氏の別邸として建築されました。その後、所有者が山下汽船(現・商船三井)の創業者山下亀三郎氏に移り、昭和19年に世界救世教教が譲り受けました。別荘が建てられている熱海市・旧東山(現春日町)の地名を取って、教祖・明主様は「東山荘」と命名されました。

 東山荘には、創建当時のまま現存する本館をはじめ、後に山下氏が政財界の交流の場や国賓の迎賓館として手掛けた別館や茶室、教祖・明主様が美による人心教化を目的とした美術館構想実現(後のMOA美術館)の為に収集された美術品を保管する為の蔵、また東山が望む相模湾の海原を活かした借景庭園などがあります。これらが、昭和初期から今日までの歴史を孕んだ近代和風の別荘建築として貴重であると評されています。

 教祖・明主様は、「東山荘」と前年に取得された箱根「神山荘」をしばらく住まいとされ、秋から春にかけては「東山荘」で過ごされました。本館を主に生活の場とされ、別館は信徒との面会や、論文の執筆などに用いられ、時折、奉仕者とともに映画を楽しまれる場ともなりました。現在は、信徒教化の為の研鑽の場として活用される一方、一般公開を視野に入れて準備が進められています。

「陽明館」



 陽明館は、昭和14年に建築され、製紙事業の拡大で財閥を築いた大川財閥の別荘だったと推察されています。その後、昭和33年に世界救世教が取得し、「陽明館」と名付けています。

 陽明館は、茅ぶき木造2階建てで、相模湾が望める南側の上下階にそれぞれに大きなガラス窓が配された開放的な造りが特徴です。丸太や面皮を多用して細部が数寄屋風に仕上げられる一方、玄関脇には小上がりを排した洋室を設けるなど和洋折衷の造りとなっています。熱海市は東海道熱海線の敷設を契機に、大正の終わりごろから昭和初期にかけて別荘建築群の普請が開花し、その造りは和風建築としながらも洋室を備えている点が特色と言われています。「陽明館」は現存する別荘建築群の中でも、昭和初期の年代が明らかな遺構として希少であると評価されています。

 教祖・明主様の跡を継がれた二代教主の公務、迎賓館などとして使われておりました。現在は建物の特性を生かして、茶席やいけばな展の催しなどに活用される一方、一般公開を視野に入れて準備が進められています。